So-net無料ブログ作成
検索選択
SUCCULENTS ブログトップ
前の10件 | -

宝草(サラダ菜) 開花 【2017年5月】 [SUCCULENTS]

ハオルシアの中でたったひとつだけ開花しました。

20170521.jpg
ユリ科ハオルシア属 宝草(サラダ菜) Haworthia ×cuspidata

いつもならほかのハオルシアたちもこぞって花をつけるのだけれど、
今年はなぜかこの子だけしか花穂がつきませんでした。
食べられる多肉、サラダ菜。
結局お口に入れたことはないんですけどね(笑)

今日ようやくすべての多肉たちの植え替えを終えました。
結果、78/75鉢。増えとるがな。
ちょっと植え替え時期が遅れたので、うまく安定してくれるといいのですが。。。

ちなみに新しいベッドの寝心地ですが、爆睡でわかりませんでした(笑)
それだけ気持ちよく眠れたってことだと思いますが、なんせ寝不足だったので。
お店で試した時はもっと柔らかいと思ってたけど、そうでもなかった。
新品だから?ベッドパットのせいもあるのかな。
実は最後までもうちょっと反発性のあるマットレスと悩んでいたんです。
なので、むしろちょうどいい感じでよかったです。

来週も1週間、繁忙期は続きます。
でも先週のような0時退社とかにはならないはず。
きっとブログも更新できることでしょう。

nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マクラータ脱皮中 [SUCCULENTS]

生まれ変わりの最中です。

20170514_1.jpg
ハマミズナ科リトープス属 マクラータ Lithops salicola "Maculate form"

気付けばマクラータが脱皮を始めておりました。

20170514_3.jpg

こちらウチにきてすぐ、花が咲いていた時の姿。
手前の焼けて汚くなっていた子が、きれいな姿に生まれ変わってます。
枯れた花殻がずっと残っていて、引っ張ってもうまく取れなかったんだけど、
脱皮するからほっといてよかったのね。
みんなの脱皮が終わってから、植え替えすることにします。

さて、レモンの雌しべがない件ですが。

20170514_2.jpg

こんな感じなんですわ。
咲いた花は根本からぽろっと落ちて、葉っぱも蘂もばらばらになります。
右は雌しべっぽいのが真ん中にあるけれど、左はないでしょ?
これじゃあ、受粉は無理だよなぁ。。。
同じようにグランドレモンを実付き苗で購入した人のブログを読んだら、
なんと実がついたのは6年後だった!!!ひえぇー。
おそらく庭に地植えされてるようなのだが、地植えで6年なら鉢植えなんて一体?
その方の結論としては、樹齢なのでは?ってことになってました。
8年後に咲いたユリのように、レモンも気長に待ってみますか。。。

nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

黒法師 [SUCCULENTS]

きっかけの黒法師です。

20170510.jpg
ベンケイソウ科アエオニウム属 黒法師 Aeonium arboreum 'zwartkop'

きのうの記事で、ふたたび向き合うきっかけとなった多肉さん。
2014年の6月、誕生日プレゼントとして同僚からいただきました。
こちらも、ただただ上へと下葉を枯らしては伸びていきます。
すっかり頭でっかちな感じでバランス悪し。
しかも、かなりのハイペースで葉っぱがしおれるんですよね。
うまく育ってない、という印象なんだけど、あるいはこういうタイプなのかしら?
写真は昨年12月のもの。
なんていうか、今までで一番いい感じになった!と思った時の状態。
葉っぱもグっと上向きになり、いよいよ安定して育つか?とワクワクしたけど低め安定。
今回の植え替えで3つあるうちの1つを切り戻して植え込み。
残りの2つはひょろっとバランス悪いまま植え替えしました。
きのうの仙人の舞と同様、うっかりしちゃう前に一番いい時の姿をお披露目です(笑)

あ、そうそう。
本日、無事にベッドを購入してまいりました。
やっぱり最安値ではないけど、感じのよかった店員さんのお店で。
買う前に、もう一度いくつかのマットレスの寝心地を確認。
最初は好きじゃないと感じたマットレスが、なぜだか今日は気持ちいい。
それもあってワンランク高いマットレスにするか迷いましたが、やはり初志貫徹。
到着が楽しみです^^

nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

仙人の舞 [SUCCULENTS]

すくすくとただ上へ。

20170509_1.jpg
ベンケイソウ科カランコエ属 仙人の舞 Kalanchoe orgyalis

今いる多肉さんを枯らさないことでいっぱいいっぱいな日々がありました。
そんな数年が経ったころ、誕生日プレゼントに多肉をもらいました。
多肉を増やすのは無理、って思ってた気持ちがちょっと動くきっかけになりました。
そんな時、雑貨屋さんでこの子を見つけて思い切って買ってみたんです。

20170509_2.jpg
こちらは購入時、2015年1月の写真。

深いグリーンと銅葉のコンビネーションに一目ぼれ。
いっぱいお日さまを浴びて、現在は銅葉一色。
そして下葉を枯らしながらひたすら上へ上へと育ちます。
カランコエってこういうの多い気が・・・?
下葉の落ちたところから脇芽が出るでもなく棒状態。
そろそろバランスが悪いので、今回の植え替えで思い切って切り戻しを。
発根をまたずに乾いた土に植えこんだので、ちゃんと根付くかまだ見守り中。
うっかりさようならなんて事態になる前に、元気な姿を記事にしておきます(笑)

nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プレリンゼ開花 【2017年5月】 [SUCCULENTS]

GWの締めくくりは、多肉記事で。

20170507_1.jpg
ベンケイソウ科エケベリア属 プレリンゼ Echeveria Pule-Rinse

毎年かわいい黄色の花を咲かせる優等生。
今年の花穂は2本あがりました。

20170507_2.jpg

こっちの方がたくさん咲きました。
記事にするとき名前の管理表を確認するんだけど、この子の名前がリストにない。
え?これいつウチの子になったの???
と過去記事を振り返ると、なんと2009年。
冒頭にも書いたとおり、毎年花が咲き、そのたびブログにもアップしているのに、
リストに名がないことに初めて気づきました。なんでやー?

20170507_3.jpg

株はこんな感じ。
昔は葉っぱの先端がもっと濃い赤だったんだけど、経年で色あせ気味?
プレリンゼは同じエケベリアの「花うらら」と「リンゼアナ」の交配種。
そのせいか、どんどん花うららになってきている気がする。先祖返りか。
ってゆーより、年中外置きなのが問題かも。
他の多肉さんもそこはかとなく色が薄まってきたように思う。
なので、今回の植え替えには肥料をちょっぴり使ってみた。
植え替えといえば。
このGW中に終わらせる予定でしたが、玉砕。
途中で土が足りなくなって買い足したので、ちょっと予定ズレしたのもあり。
現在、40/75鉢。
鉢数は小さいのを1つにしたり、その逆に2つに分けたりしてるので、
75鉢というのは植え替えを始める前の数ですが、いまだ半分ちょい。
来週もがんばらないと。

nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヒントニー開花【2017年4月】 [SUCCULENTS]

ようやく春めいてきましたね。

20170408.jpg
ベンケイソウ科セダム属 ヒントニー Sedum hintonii

ベランダの植物たちも動き出しています。
怪魔玉に続いた多肉さんの開花はヒントニー。
毎年この時期にきちんと咲いてくれる優等生。
水をたっぷりと含んだ柔らかい葉っぱがうぶ毛に守られる繊細な多肉。
1年中ベランダ外置きの我が家でうまく育ってくれるのかしら?
と思っていたのに、意外と剛健。
真夏に溶けることも、真冬に枯れることもなく、春には必ず花を咲かせます。
真っ白で可憐で、ウ○コ臭い花を(笑)
きっとこの花を紹介するたびに書いているけれど、なんでか臭い。
ハエが止まっているのを見ると、そうだよね、とうなづけるほど。

今年の多肉さんは全体的に花が遅い感じがします。
いつもなら花穂を伸ばしてる子たちも、まだひっそり。
おかげで昨秋さぼった植え替えもあせらずいけそうです。
本来なら3月から始めたいとこだったけど、まったく時間がとれなかった。
GWまでに終えればいいかな、と気楽にかまえています。

ついでにプチな近況報告を。
植え替えどころじゃなかった激務の3月。
みなさんに近況報告をしたすぐ翌日に、あっさりと心が折れました(爆)
休日出勤や深夜残業しても目標にむかって頑張っていたのですが、
月曜の会議でこれまでのすべてが覆るような事実が判明しましてね。
それでポキっと。
私、辛抱強い方だと思ってたけど、こんなに早く心が折れたのは初めてかも。
プロジェクトの根幹に関わることだったのでいろいろ見直す方向となり、
結果、仕事量はむしろ楽になりました。
とはいえ不慣れな業務には変わりないので、あんまり余裕ないですけどね。
いましばらくは週末ブロガーな感じでひっそりと生きていきます。


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

怪魔玉 開花【2017年3月】 [SUCCULENTS]

これって花?なんだよね???

20170312.jpg
トウダイグサ科ユーフォルビア属 怪魔玉 Euphorbia 'KAIMAGYOKU'

葉っぱの先端にちょこっと見える黄色いやつ、これが花のようです。
初めての開花なのに、地味すぎてうっかり見落とすところでした。
わかりにくいですが、花は全部で4つ。
左奥に蕾が1つ。手前に3つ並んでいます。
3つのうちの真ん中の花から小さい小さい蘂がにょきっと出ています。
ヤシの木のように生えていた緑の葉っぱは、冬の寒さで落葉。
その立ち姿はヤシの木というより、もはやワサビ(笑)
3月になり今また新しい葉っぱが先端部に出始めてきました。
まさかこのタイミングで花も咲いちゃうなんて思ってもみなかったよ~。

結局、ほとんどを野ざらしのままベランダで越冬した多肉さんたち。
ここまでくれば一安心というこの3月に、ダメにしてしまうことが多い私。
霜が降りない今の東京、しかも風雨がある程度防げるベランダでは、
種類にもよるけれど、実は水さえ切っていれば冬越しはそんなに難しくないんです。
でも気温も多肉も動き出すこの3月が、私にとっては一番難しい季節。
体感的にはまだ寒い(朝の出勤前の時間)ので水を止めたままでいたら、
昼に気温がグンと上がって水切れしちゃった、ていうパターン。
あとはその逆で、気温が上がったからと水やりをしたら、
翌日ガクンと気温が下がり、根っこがやられてしまうパターン。
頭ではわかっていながら毎年「うっかり」し続けてきたこの10年(長いよ)
失敗パターンの分析をふまえ、今年は「さよなら多肉さんゼロ」を目指します。


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

緑の鈴錦 開花【2017年12月】 [SUCCULENTS]

ぽかぽか陽気に誘われて?
 
20161219.jpg
キク科セネシオ属 緑の鈴錦 Senecio rouleyanus f.variegata
 
思ったより早い開花でした。
小指の先ほどの小さなブーケです。
真っ白の花から伸びる濃い紫の蘂に山吹色の花粉。
可憐でありながら大胆、それでいて繊細。
多肉の花は「え?」というようなのもあるけど、これはほんとに美しい。
 
よく見ると、花の左にも小さな蕾がありますね。
まだ根付いた感じはないんだけど、きょうは暖かいので水遣りを。
これが吉と出るか凶と出るか。 

nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

緑の鈴錦 【群馬の温室から⑦】 [SUCCULENTS]

多肉紹介ラスト!

20161207_1.jpg
キク科セネシオ属 緑の鈴錦 Senecio rouleyanus f.variegata

これ、以前にも群馬からウチにやってきたのですが、ダメにしちゃって。
こんもりと茂った鉢からブチっとちぎってくれました(笑)

鉢に土を準備して、その上に置いて発根待ち。
前も根付くのにとっても時間がかかったんですよ。
もうすっかり冬だし、ちょっと心配。

しかも!

20161207_2.jpg

蕾がついてた~♪
とってもきれいな花が咲くんだけど、育つかな。。。

以上で新しい多肉さんの紹介は終了です。
おつきあいいただきありがとうございました! 

最後におまけ。

20161207_3.jpg

叔母からのプレゼントです♪
ガラスの器の中に多肉とハリネズミ?が鎮座しております。
ハートのワイヤーにハンギングされていてスポットライト付き。
そもそもいとこがこれを見て欲しがったところ、
「じゃあSAMEDIに買ってやろう」ってことになったそうな(笑)
ありがとう~!


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

パリダム 【群馬の温室から⑥】 [SUCCULENTS]

メセンをもうひとつ。

20161206_1.jpg
メセン科コノフィツム属 パリダム Conophytum pallidum

小さなつぶつぶが鉢にぎゅうぎゅう。
はちきれんばかりでございます。
群馬のビニールハウスは規模が大きいのでお手入れも大変。
こんな風に鉢いっぱいに育っちゃうようですよ。
きのう紹介したマクラータを選んでいたら「これあげるよ」と。
株分けでどんどん増えるそうです。
ピンクのお花が満開
ですでした。

ちなみに。

20161206_2.jpg

こちらはお日さまが出ると花が閉じてしまうんですよー。
マクラータとは反対。不思議だ。


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - SUCCULENTS ブログトップ